天仙液世界製造販売元オフィシャルサイト(日本版)  
中日飛達聯合有限公司 天仙液についてのお問合せ・ご相談はこちら
文字の大きさ 小 大

天仙液を知る
天仙液とは
天仙液の入手方法
天仙液とガン治療
各国の利用状況
安全性と品質管理

製品のご紹介
製品紹介
成分・作用
試験データ
資料請求
類似品について




運営協会について
会社概要
お問合せ先

当サイトご利用について

弊社からのお知らせ
※「天仙液」は、現時点では日本の「医薬品」としての許認可は、まだ受けておりません。
当社は世界各国の法律に則って供給を行っております。なお、日本においては日本国の厚生労働省のガイドライン(法律)に従って安全供給しておりますのでご安心下さい。
天仙液の
指定個人輸入代行会社
日本での入手方法につきましては、お気軽に相談窓口へお問合せ下さい。
▼天仙液についての
お問合せ・ご相談はこちら


中日飛達聯合有限公司(香港本社)
日本人スタッフ常駐

852-2368-1943
※国際電話の有料となりますので予めご了承下さい。







製品のご紹介


   
中日飛達聯合有限公司はこれまで、中国国内の医療機関や大学病院でさまざまな実験や臨床試験を行ってきました。それらの結果は製品の添付資料や、またさまざまな媒体でも取り上げられてきましたが、「漢方薬は即効性に欠ける」「有効性の科学的根拠が乏しい」という不のイメージを払拭するには大きな障壁がありました。

そこで今回、国立台湾大学医学院教授・免疫学博士の孫安迪(ソン・アンディ)率いる研究チームの協力により、天仙液の集大成とも言うべき臨床試験及び薬理実験を5年間に渡り行いました。その結果、天仙液の「免疫調整作用」「ガン細胞のアポトーシス(自殺死)誘発」「ガン細胞の殺傷能力」といった作用が科学的に明らかになりました。
(右写真:The American Journal of Chinese Medicine Vol.32 No.2 2004)

天仙液の高い有効性は、製品化以前の臨床試験などにより既に立証されていました。ここでいう「有効性」とは、単に「完治」を示すわけではありません。「腫瘍が縮小した」「拡大が認められずガン細胞の増殖が止まった」、あるいは「苦痛が軽減した」なども含まれます。有効性の確認された症例の多くは、ガン細胞の増殖が止まったいわゆる「安定」を示しました。但し、症例の約2割に進行が見られたことも事実です。
しかし有効性において注目すべきは、その抗ガン作用だけではなく、いわゆる西洋医療における3大治療(手術、抗ガン剤、放射線治療)との併用で高い相乗効果を発揮するという点です。不快感や嘔吐などが改善されれば食欲は増進し、体力をつけることができます。また、3大治療による白血球、血小板、ヘモグロビンなどの減少を抑制することで、免疫力が向上し、新生血管の抑制が期待されます。

天仙液は抗ガン漢方薬として開発されましたが、腫瘍殺傷作用の単独作用だけでなく、免疫調整作用や身体機能改善作用、アポトーシスの誘発などが複合的に作用し合い、それが柱となる腫瘍殺傷作用を高めているという事実が確認されました。これは正しく、身体全体から病を診る中医学の原点に帰結しています。
ここで各生薬の作用を図を用いて見てみましょう。









中医学は「証」を重視します。証とは、身体の状態全体に表面化している症状を総合的に診ることで、個別の症状のみに注目して対応するよりもさらに多角的な対応を可能にするものです。
そして疾患を癒す要素を「正」、疾患を発生させるすべての要素を「邪」と呼びます。天仙液は結果的に、漢方理論の証、正・邪の法則に基づき、以下のとおり、多面的に構成された複合漢方薬であることがわかりました。



「天仙系列製品の紹介」、「製品価格」、「製品の入手方法(指定個人輸入代行会社)」などがわかりやすく書かれた資料(無料)をお求めの方はこちらから

↑PAGE TOP
弊社では各国の法律に則った活動を心掛けております。 Copyright © 2005 FEIDA All Rights Reserved.