天仙液世界総販売元オフィシャルサイト(日本版)  
中日飛達聯合有限公司


天仙液についてのお問合せ・ご相談はこちら
文字の大きさ 小 大

天仙液を知る
天仙液とは
天仙液の入手方法
天仙液とガン治療
各国の利用状況
安全性と品質管理

製品のご紹介
製品紹介
成分・作用
試験データ
資料請求
類似品について




運営協会について
会社概要
お問合せ先

当サイトご利用について

弊社からのお知らせ
※「天仙液」は、現時点では日本の「医薬品」としての許認可は、まだ受けておりません。
当社は世界各国の法律に則って供給を行っております。なお、日本においては日本国の厚生労働省のガイドライン(法律)に従って安全供給しておりますのでご安心下さい。
天仙液の
指定個人輸入代行会社
日本での入手方法につきましては、お気軽に相談窓口へお問合せ下さい。
▼天仙液についての
お問合せ・ご相談はこちら


中日飛達聯合有限公司(香港本社)
日本人スタッフ常駐

852-2368-1943
※国際電話の有料となりますので予めご了承下さい。







製品のご紹介



平成17年8月7日、国際統合医学会理事長・九段クリニック理事長・医学博士の阿部博幸先生が、「国際ホリスティック医学研究会」(台北市 主催/台湾家庭医学学会・中華民国旅行医学学会 共催/国際癌病康復協会他)において、「日本における癌の代替医療の現状」をテーマに研究発表の講演を行いました。

阿部博幸先生は「国際統合医学学会」理事長として、がん治療において西洋医療に代替医療を積極的に取り入れた統合医療を実践されている第一人者です。中でも漢方療法に造詣が深く「国際ホリスティック医学学会」において「日本における癌の代替医療の現状」の講演の中で、世界的に有名な抗がん漢方薬「天仙液」に関して研究成果の発表を行いました。

そこで、今回は「代替医療」の中の抗がん漢方薬「天仙液」に関する研究発表の概要を紹介します。






 

阿部博幸: 国際統合医学会理事長
医学博士
九段クリニック理事長
日本オーソモレキュラー医学会理事長

■日本におけるがん統計
がんによる死亡:30万人
がん患者数:50万人
年間がん患者増加数:1万人

■5年生存率
三大治療(手術、抗がん剤、放射線)後:60%以下

■がんの代替医療
1.生物的反応増強(BRM)
2.細胞免疫療法
3.ホルモン療法
4.温熱療法
5.漢方
6.アーユルベーダー/ヨガ
7.アロマテラピー
8.ホメオパシー
9.栄養医学
10.精神支援療法
■代替医療のがん治療における役割
1.活性酸素の消去
2.免疫増強
3.アポトーシスの誘導
4.新生血管の抑制
5.がん遺伝の抑制/細胞周期コントロール
6.町内環境調整
7.発がんウィルスのコントロール
8.有害重金属の解毒
9.必須微量元素の補充
10.精神力高揚、抗ストレス

■抗ガン漢方薬「天仙液」の作用メカニズム
1.がん遺伝子に対する効果
  DNAのトポイソメラーゼ
  DNAのポリメラーゼの抑制
2.細胞周期に対する効果
  G2とM期で周期の停止

■天仙液の抗がん作用

※)強化、健胃、利尿、血圧低下、精神安定、鎮痛
▲「ガン治療の壁を打ち破ったのはやっぱり漢方だった」より抜粋
■細胞周期の段階


■「天仙液」におけるHeLa細胞のDNA含有量に対する影響(天津医薬科学研究所)
細胞周期 G1(%) S(%) G2・M(%)
対象群 25 60 15
天仙液群 10ug/ml 6 50 44
20ug/ml 1 19 88
30ug/ml 17 60 23
40ug/ml 78 20 2
 


「天仙系列製品の紹介」、「製品価格」、「製品の入手方法(指定個人輸入代行会社)」などがわかりやすく書かれた資料(無料)をお求めの方はこちらから

↑PAGE TOP
弊社では各国の法律に則った活動を心掛けております。 Copyright © 2005 FEIDA All Rights Reserved.