天仙液世界総販売元オフィシャルサイト(日本版)  
中日飛達聯合有限公司


天仙液についてのお問合せ・ご相談はこちら
文字の大きさ 小 大

天仙液を知る
天仙液とは
天仙液の入手方法
天仙液とガン治療
各国の利用状況
安全性と品質管理

製品のご紹介
製品紹介
成分・作用
試験データ
資料請求
類似品について




運営協会について
会社概要
お問合せ先

当サイトご利用について

弊社からのお知らせ
※「天仙液」は、現時点では日本の「医薬品」としての許認可は、まだ受けておりません。
当社は世界各国の法律に則って供給を行っております。なお、日本においては日本国の厚生労働省のガイドライン(法律)に従って安全供給しておりますのでご安心下さい。
天仙液の
指定個人輸入代行会社
日本での入手方法につきましては、お気軽に相談窓口へお問合せ下さい。
▼天仙液についての
お問合せ・ご相談はこちら


中日飛達聯合有限公司(香港本社)
日本人スタッフ常駐

852-2368-1943
※国際電話の有料となりますので予めご了承下さい。







製品のご紹介


注意事項

【はじめに】
天仙系列製品は体質により下記のような共通する毒性反応(解毒作用)が出ることがありますので、あらかじめご了承、ご注意のうえご使用下さい。
発疹、発赤、痒み、動悸、めまい、食欲不振、悪心嘔吐、下痢、便秘、腹痛、胃痛、頻尿、喉の刺激など

【天仙系列製品に共通する注意事項】
1. 病院から処方された西洋薬品を服用する場合は、天仙膏・天仙栓を除く天仙系列製品の服用前後1時間ほどの間隔を空けて下さい。また他の“健康食品”などと併用する場合は、前後30分ほどの間隔を空けて下さい。
2. 開発研究所の臨床データより、天仙系列製品の使用期間中は大量のカニ肉、鶏の皮(動物性脂肪の多いもの)、唐辛子、飲酒などの摂取はなるべくお控え下さい。
3. すべての天仙系列製品は日の当たらない涼しい場所に保管して下さい。

【以下の方々は天仙系列製品のご使用はお避け下さい】
1. 妊婦
2. 18歳以下の子ども
3. 出血時
4. 以下の薬剤をご使用の方:ジギタリス系薬剤(洋地黄、主に心臓病薬)、片仔廣(ヘンシコウ)、そのほか抗ガン作用を持つ複合漢方製剤

【以下の方々が天仙系列製品を使用する際は主治医に確認のうえ使用して下さい】
1. 心臓病の方
2. 糖尿病でインシュリンを用いている方
3. インターフェロン治療を受けている方
4. 人工透析を週2、3回受けている方
5. 気管切開をしている方
6. 抗ガン剤を24時間点滴で受けている方

 ま と め
天仙液は、中国3000年に及ぶ歴史と伝統を持つ「漢方」を基本として、その漢方医学に現代医学のテクノロジーを取り入れ、漢方生薬の有効成分を抽出した抗ガン漢方薬です。西洋医学を駆使しながら実験と治療を繰り返して研究開発した結晶です。
以上のように、本資料で概述した内容は、近年行われた天仙液の抗ガン作用研究の一部ですが、天仙液の進歩には目覚ましいものがあります。今後、ガンの中心的な治療薬の一つとして、ガンや腫瘍の抑制、ガン患者のQOLの向上、ガンの予防に役立ていただきたいと考えております。また、天仙液は身体に目立った損害を与えることもなく、ガン治療に幅広く応用することができると期待しています。



「天仙系列製品の紹介」、「製品価格」、「製品の入手方法(指定個人輸入代行会社)」などがわかりやすく書かれた資料(無料)をお求めの方はこちらから

↑PAGE TOP
弊社では各国の法律に則った活動を心掛けております。 Copyright © 2005 FEIDA All Rights Reserved.