天仙液世界総販売元オフィシャルサイト(日本版)  
中日飛達聯合有限公司


天仙液についてのお問合せ・ご相談はこちら
文字の大きさ 小 大

天仙液を知る
天仙液とは
天仙液の入手方法
天仙液とガン治療
各国の利用状況
安全性と品質管理

製品のご紹介
製品紹介
成分・作用
試験データ
資料請求
類似品について




運営協会について
会社概要
お問合せ先

当サイトご利用について

弊社からのお知らせ
※「天仙液」は、現時点では日本の「医薬品」としての許認可は、まだ受けておりません。
当社は世界各国の法律に則って供給を行っております。なお、日本においては日本国の厚生労働省のガイドライン(法律)に従って安全供給しておりますのでご安心下さい。
天仙液の
指定個人輸入代行会社
日本での入手方法につきましては、お気軽に相談窓口へお問合せ下さい。
▼天仙液についての
お問合せ・ご相談はこちら


中日飛達聯合有限公司(香港本社)
日本人スタッフ常駐

852-2368-1943
※国際電話の有料となりますので予めご了承下さい。







製品のご紹介



 天仙液


製品形状
20cc×60本(1セット)
「1セット」についてのご説明
日本への個人輸入において類似品の氾濫を防ぐため、バイアル(20cc)形状のみ提供させて頂いております。

  「天仙系列製品の紹介」、「製品価格」、「製品の入手方法(指定個人輸入代行会社)」などがわかりやすく書かれた資料(無料)をお求めの方はこちらから

天仙液とガンについて
ガンは、人の健康と生命に極めて大きな危害を加える疾病で、現在のところその治療は世界中の医学界のテーマとなっています。手術や放射線療法、化学療法といった西洋医学による治療のほかに、代替療法や西洋薬と漢方薬をミックスした予防治療は医学界で広く注目されています。

天仙液(てんせんえき)は、主として漢方を用いて生成された薬剤で、扶正と邪の両面から総合的な調整と弁証論治療を行うもので、これによってガンに抑制効果を及ぼすものです。ガン細胞を殺傷しながら、正常な細胞に影響を与えずに抑制作用が発揮され、正常細胞の抗ガン作用を高め、身体の免疫機能を強化する効果に大きな期待が寄せられています。

また、使用後の脱毛、脱落歯、貧血、不眠などの副作用もほとんどなく、使用者の体質によっては使用後7日〜20日間ほどで効果が期待できます。天仙液は、より優れた抗ガン効果によってガン病と闘っている方に勇気を与えてくれるはずです。

天仙液の特徴
天仙液は、化学薬物成分を一切使用せず、天然生薬のみからつくられた純天然漢方薬です。他の抗ガン薬と違い「攻邪不傷正、養正不助邪」(悪い因子を攻撃し、良い因子を保護する)、いわゆる正常な細胞に影響を与えずガン細胞のみを殺傷する作用があります。また、免疫機能改善作用により正常細胞の抗ガン作用も高め、身体全体のガン細胞への抵抗を高めます。

天仙液はアメリカや台湾のほか、世界各国の代替医療の権威や専門家からの協力のもと、中日飛達聯合有限公司と王振国医師8年の研究を経て完成した製品です。

摂取量を増量することで、より高い効果を得られることが研究過程で明らかになったため、これまでの1日の標準服用量(推奨量)を40mlから60mlに増量しました。

効果と効能
1. 抗腫瘍活性作用
1) ナチュラルキラー(NK)細胞の活性作用
2) 貪食作用の増強
3) IL-1、IFN-y、IL-2 産生促進作用
4) IL-2 の受容体(IL-2R)産生促進作用
5) リンパ球の増殖反応促進作用、免疫促進、免疫調節作用
6) 抗炎症作用
2. ガン細胞に対するアポトーシス(細胞の自然死)作用
1) T細胞、NK細胞を活性化させることによって、ガン細胞を殺傷する作用
2) さまざまなガン細胞でアポトーシスを誘導、正常細胞では誘導しない
3) 抗腫瘍活性化作用にともなう強力な免疫調節効果
4) 抗腫瘍活性作用により免疫応答を高めたガン細胞内でのアポトーシス誘導
3. 免疫機能改善作用
1) コントロール性の高い免疫調節整作用
2) 各種の抗原における刺激後の免疫反応に対する相応的免疫調整作用
3) 自己免疫疾病におけるリンパ細胞増殖反応における免疫正常・免疫抑制作用
(スーパー抗原=SEBによる刺激が強すぎた場合)感染症における同様の免疫調整作用
4) 自己免疫疾病や感染症の細胞ホルモン反応における免疫正常・免疫抑制作用

 

服用量の目安
「天仙液」の服用量は、ガンの症状、服用目的に応じて、異なってきますので、下記の目安をご参照下さい。
王振国医師のアドバイスによるものです。
@ 予防・再発防止でご服用になる方
服用量:2日1本(20cc)〜1日1本(20cc)
服用時間:夜9時
A 初期・中期でご服用になる方
服用量:1日1〜2本(20cc〜40cc)
服用時間:朝9時、夜9時
B

 

中期・末期でご服用になる方
服用量:1日2〜3本(40〜60cc)
服用時間:朝9時、午後3時、夜9時

  ●天仙液 服用時間の目安(印は各20cc)
時 間
本数 午前
9:00
午後
3:00
午後
9:00
就寝前
1本(20cc)      
2本(40cc)    
3本(60cc)  
4本(80cc)
※病状や体質などにより服用量が異なる場合があります。
※天仙液の1日最服用量は80ccとなっております。
※80ccまでの増量は漢方に慣れた方を対象としております。体調に合わせて、使用量を調整して下さい。



王振国医師の指導
  天仙液の1セットとは、長年の研究により、基本的に西洋薬剤の抗ガン剤と同じように1クール(漢方医学では「1療程」)となっております。つまり、天仙液の1セットとは1クール(1療程)に相当するもので、服用量、服用回数は漢方医学の理論を取り入れ、生活習慣によるバイオリズムと病症や症状によって処方されております。従って、製品化された天仙液は、こうした根拠を基に病症や症状により服用量、服用回数の目安が決められており、1セットが1ヵ月分、2ヵ月分、4ヵ月分に相当する場合もあります。上記を参考になさって下さい。

天仙液の主な成分表
成分
医薬名称
人参 (にんじん) Radix Ginseng
冬虫夏草 (とうちゅうかそう) Cordyceps
黄著 (おうぎ) Radix Astragali
甘草 (かんぞう) Radix Glycyrrhizae
山薬 (さんやく) Rhizona Dioscoreae
珍珠 (ちんじゅ) Margarita
枸杞子 (くこし) Fructus Lycii
霊芝 (れいし) Ganoderma
女貞子 (にょていし) Fructus Ligustri Lucidi
半枝蓮 (はんしれん) Herba Scutellariae Barbatae
白朮 (びゃくじゅつ) Rhizoma Atractylodis Macrocephalae
豬苓 (ちょれい) Polyporus
天南星 (てんなんしょう) Rhizoma Arisaematis
白花蛇舌草 (びゃっかだぜつそう) Herba Hedyotis Diffusae
天花粉 (てんかふん) Radix Trichosanthis
青黛 (ちんたい) Indigo Naturalis
莪朮(がじゅつ) Rizoma Curcumae
その他 Others


注意事項はこちら


「天仙系列製品の紹介」、「製品価格」、「製品の入手方法(指定個人輸入代行会社)」などがわかりやすく書かれた資料(無料)をお求めの方はこちらから

↑PAGE TOP
弊社では各国の法律に則った活動を心掛けております。 Copyright © 2005 FEIDA All Rights Reserved.