天仙液世界製造販売元オフィシャルサイト(日本版)  
中日飛達聯合有限公司 天仙液についてのお問合せ・ご相談はこちら
文字の大きさ 小 大

天仙液を知る
天仙液とは
天仙液の入手方法
天仙液とガン治療
各国の利用状況
安全性と品質管理

製品のご紹介
製品紹介
成分・作用
試験データ
資料請求
類似品について




運営協会について
会社概要
お問合せ先

当サイトご利用について

弊社からのお知らせ
※「天仙液」は、現時点では日本の「医薬品」としての許認可は、まだ受けておりません。
当社は世界各国の法律に則って供給を行っております。なお、日本においては日本国の厚生労働省のガイドライン(法律)に従って安全供給しておりますのでご安心下さい。
天仙液の
指定個人輸入代行会社
日本での入手方法につきましては、お気軽に相談窓口へお問合せ下さい。
▼天仙液についての
お問合せ・ご相談はこちら


中日飛達聯合有限公司(香港本社)
日本人スタッフ常駐

852-2368-1943
※国際電話の有料となりますので予めご了承下さい。







製品のご紹介


「天仙液」は抗ガン漢方製剤で初めて、アメリカの権威ある医学誌に研究論文が発表されました。
“天仙液は医学・科学実験で高い抗ガン作用、抗ガン効果を実証”
世界中の医学、科学による数多くの臨床実験で研究論文も発表され、それは「天仙液」の高い抗ガン作用、抗ガン効果が認められた「証」です。





■1999年12月、アメリカ工場(米カリフォルニア州)でGMP認可を取得。
天仙液が世界的に認知されました。
天仙液は、1999年12月にFDA(アメリカ食品医薬品局)のにおいて漢方サプリメントとして認証を受けております。FDA(アメリカ食品医薬品局)は日本で言う「厚生労働省」の所轄にあたり、治験や承認審査もされております。アメリカでは、FDAの厳しい治験・審査承認体制により、多くの製品が厳重に治験審査されております。
これらの厳しい審査を通った製品は、その信頼性や安全性が保証されています。

-世界最大級の検査機関に認証-
天仙液は、製品化にあたって、スイスに本部をおく世界最大級の検査機関の承認登録を受けており、みなさまに安心してご利用していただけるよう日々邁進し続けております。



■2000年12月、アメリカ工場(米カリフォルニア州)がGMP認可を取得。
これにより、徹底した品質管理・生産ラインを確立することが可能となりました。

GMP(Good Manufacturing Practice)とは?
―医薬品の製造管理、品質管理―
製造管理及び品質管理規則はGood Manufacturing Practice、略して「GMP」といいます。安心して使うことができる品質の良い医薬品、医療用具などを供給するために、製造時の管理、遵守事項を定めたものです。
GMPを行政で初めて取り上げたのはアメリカ合衆国です。1962年(昭和37年)に「食品、薬品、化粧品法」の中に「薬品の製造規範(GMP)に関する事項」が取り入れられました。
その後、世界保健機関(WHO)でGMPが作成され、1969年(昭和44年)の総会で加盟国各国がGMPを採用し、国際貿易においてGMPに基づく証明制度を採用、実施するよう勧告されました。
これを受けて日本では、1974年(昭和49年)に厚生省薬務局長通知として医薬品に関するGMPが作成され、1980年(昭和55年)に厚生省令として公布されました。当時は遵守事項としての自主管理項目でしたが、1994年(平成6年)、省令が改正され、「製造所のGMP体制が整っていること」が「製造業の許可を取得するための必要要件」になりました。
(東京都ホームページより抜粋)


「天仙系列製品の紹介」、「製品価格」、「製品の入手方法(指定個人輸入代行会社)」などがわかりやすく書かれた資料(無料)をお求めの方はこちらから

↑PAGE TOP
弊社では各国の法律に則った活動を心掛けております。 Copyright © 2005 FEIDA All Rights Reserved.