天仙液世界製造販売元オフィシャルサイト(日本版)  
中日飛達聯合有限公司 天仙液についてのお問合せ・ご相談はこちら
文字の大きさ 小 大

天仙液を知る
天仙液とは
天仙液の入手方法
天仙液とガン治療
各国の利用状況
安全性と品質管理

製品のご紹介
製品紹介
成分・作用
試験データ
資料請求
類似品について




運営協会について
会社概要
お問合せ先

当サイトご利用について

弊社からのお知らせ
※「天仙液」は、現時点では日本の「医薬品」としての許認可は、まだ受けておりません。
当社は世界各国の法律に則って供給を行っております。なお、日本においては日本国の厚生労働省のガイドライン(法律)に従って安全供給しておりますのでご安心下さい。
天仙液の
指定個人輸入代行会社
日本での入手方法につきましては、お気軽に相談窓口へお問合せ下さい。
▼天仙液についての
お問合せ・ご相談はこちら


中日飛達聯合有限公司(香港本社)
日本人スタッフ常駐

852-2368-1943
※国際電話の有料となりますので予めご了承下さい。







製品のご紹介


 冬虫夏草(とうちゅうかそう)
 霊芝(れいし)
人参(にんじん) 免疫力を高めるジオクシテアデノシンやセレン、ポリサッカロイドが含まれているほか、抗炎症、抗ガン作用にある多糖体も含まれているため固形ガンや白血病などさまざまなガンに対する効果が確認されている。 黄蓍(おうぎ) βグルカンが免疫を活性化し、ガン細胞や炎症・アレルギーなどを抑制する。体内でビタミンDに変わり、カルシウムの吸収を高めるエルゴステロールが新生血管の増殖を阻害する。
 人参(にんじん)
 黄蓍(おうぎ)
人参(にんじん) エネルギー補充効果に優れている。長期間の服用でガンの発生率を下げ、ガンの成長を抑制することが判明している。また、人参多糖類には肝臓の保護作用、生体の免疫機能の向上と変異を防ぐ作用を強化し、ガン細胞の成長を抑える機能がある。 黄蓍(おうぎ) 免疫増強作用があり、生体の病原微生物に対する免疫力を高めることが実証されている。黄蓍に含まれる糖質は、細胞組織のもつウイルスに対するインターフェロンの誘発を促し、ウイルスやガンの成長を抑制する作用がある。
 天南星(てんなんしょう)
 枸杞子(くこし)
人参(にんじん) サポニン、デンプン、アミノ酸などの成分を含み、去痰、鎮静などの薬理作用があり、鎮痛、去痰、除湿薬として応用される。 黄蓍(おうぎ) カロチノイド、ベタイン、リンレイ酸などの成分が含まれ、血圧降下、肝障害抑制などの薬理作用があり、滋養、強壮薬として応用される。
 珍珠(ちんじゅ)
 白花蛇舌草(びゃっかだぜつそう)
人参(にんじん) 炭酸カルシウム、有機物及び各種微量元素が含まれている。
フリーラジカルや酸化物質除去作用がある。
白花蛇舌草(びゃっかじゃぜつそう) 免疫過程における生体の防御機能を増強し、ガン巣の湿潤と転移を困難にし、再発を抑制する作用がある。生体免疫力を著しく増強して白血球の貪食機能を強める等液性免疫に対し増強作用がある。
 白朮(びゃくじゅつ)
 甘草(かんぞう)
白朮(びゃくじゅつ) 免疫機能を高めることによりガン細胞を殺傷する力を増強し、化学療法や放射線療法によって減少した白血球を増加させる作用がある。臨床では主に放射線と化学療法による副作用防止に用いられる。 甘草(かんぞう) 主成分はグルチルリチン、他に甘草酸のカリウム、カルシウム塩、フラボン化合物等の成分が含まれている。抗炎症・抗アレルギー、ステロイドホルモン様作用・漢方では各生薬の作用を調和させるために調合することが多い。
 女貞子(にょていし)
 青黛(ちんたい)
女貞子(にょていし) リンパ球の増殖を促し、放射線治療及び抗ガン剤治療による白血球減少を抑制する効果がある。 青黛(ちんたい) 単核マクロファージの貪食機能及び体液性免疫機能を高めることができる。生体の免疫機能の向上によって抗ガン作用を発揮することができる。
 天花粉(てんかふん)
 山薬(さんやく)
天花粉(てんかふん) デンプン、サポニン、タンパク質及び各種のアミノ酸等の成分が含まれている。邪熱を排除し、気を補う作用がある。 威霊仙(いれいせん) コリン、サポニン、アルギニンなど特殊成分は、内蔵の機能を高め、精力を増強する。ビタミンB群はエネルギー代謝を高め、コリン、でんぷんなどの各種アミノ酸は体の細胞生成を促進する。
 半枝蓮(はんしれん)
 我朮(がじゅつ)
龍葵(りゅうき) フラボン類のスクテラレイン、スクテラリン、微量のアルカロイドの成分を含み、急性顆粒型白血病細胞抑制作用があり、解熱、解毒、鎮痛薬として応用される。 冰片(ひょうへん) クルゼレノン、セデロン、クルジオン、フラボン配精体などの成分が含まれ、健胃、鎮痛などに応用される。同類生薬にウコンがある。
 猪苓(ちょれい)
 
猪苓(ちょれい) エルゴステロ−ル、多糖類、粗タンパク、無機塩及びビタミンH(ビオチン)等の成分が含まれ、臨床の観察から、抗ガン剤との併用により原発性胃ガンの改善が見られ、食欲が増して、細胞性免疫機能を著しく向上させた。    

※なお、製品のパッケージに表記されている成分表は、上記の主な成分の一部を記載したものです。





天仙系列製品に使用される薬草は、主に「薬草の宝庫」と呼ばれる長白山の麓から採取されています。長白山は「広辞苑」に−中国東北部と朝鮮の境にそびえる火山で、松花江(ショウカコウ)・豆満江(トマンコウ)と鴨緑江(アムノッカン)との中間にある長白山脈の主峰。海抜2,744メートル。朝鮮では白頭山(ペクドサン)と呼ぶ−と記されています。
中国には約6,000種の薬草があるといわれており、長白山脈にはそのうちの約1,300種もの薬草が自生しているといわれています。現在は国家管理となっており、許可なしの入山は禁じられています。それほど良質な薬草が自生しているということです。
良質な薬草が育つ秘密は、その土地と生育環境に隠されています。長白山はかつて活火山で、火山灰に覆われていました。そのため、土質にはゲルマニウムやセレン、マンガンなど20種類以上の微量元素が含まれています。これらは人体に欠かせない物質であり、体質改善、老化防止、疲労回復、ガンの予防などに大変有効であるとされています。
また、冬が長く夏が短い極寒の自然環境は、1年の半分以上、山脈を厚い雪で覆いつくします。この厳しい自然環境下での休眠期間こそが、栄養価の高い薬草を生む要因とされています。環境の厳しい気候で育った植物は、温暖地で育った植物の2〜3倍の薬効成分をもっているという報告もあります。
土壌のほか、そこに集まる水にも新しい発見がありました。長白山には「天池」という火山湖があります(写真)。その水には多種類の微量元素が含まれていることで有名です。そして、朝鮮人参酒をつくるため、天池の水で醸造したお酒に長年乾燥させた生薬人参をつけておいたところ、その人参が発芽したという話があります。これは、その水に植物の細胞を活性化させる成分が含まれていることを示しています。実際、長白山の水や朝鮮人参を毎日摂っている村の人々は、他の地域に住む人達よりはるかに長生きで、「長寿の村」として知られています。
これらの地質、水質、気候風土が複合的に作用しあい、薬効成分の高い植物が生まれます。「薬草の宝庫」「漢方の故里」−長白山脈はこのような代名詞で世界的にも有名になり、これまで数多くの医師や研究者がその地を訪れています。



「天仙系列製品の紹介」、「製品価格」、「製品の入手方法(指定個人輸入代行会社)」などがわかりやすく書かれた資料(無料)をお求めの方はこちらから

↑PAGE TOP
弊社では各国の法律に則った活動を心掛けております。 Copyright © 2005 FEIDA All Rights Reserved.