天仙液世界総販売元オフィシャルサイト(日本版)  
中日飛達聯合有限公司


天仙液についてのお問合せ・ご相談はこちら
文字の大きさ 小 大

天仙液を知る
天仙液とは
天仙液の入手方法
天仙液とガン治療
各国の利用状況
安全性と品質管理

製品のご紹介
製品紹介
成分・作用
試験データ
資料請求
類似品について




運営協会について
会社概要
お問合せ先

当サイトご利用について

弊社からのお知らせ
※「天仙液」は、現時点では日本の「医薬品」としての許認可は、まだ受けておりません。
当社は世界各国の法律に則って供給を行っております。なお、日本においては日本国の厚生労働省のガイドライン(法律)に従って安全供給しておりますのでご安心下さい。
天仙液の
指定個人輸入代行会社
日本での入手方法につきましては、お気軽に相談窓口へお問合せ下さい。
▼天仙液についての
お問合せ・ご相談はこちら


中日飛達聯合有限公司(香港本社)
日本人スタッフ常駐

852-2368-1943
※国際電話の有料となりますので予めご了承下さい。







製品のご紹介


王医師の指導
天仙液の1セットとは、長年の研究により、基本的に西洋薬剤の抗ガン剤と同じように1クール(東洋医学では「1療程」)となっております。

つまり、天仙液の1セットとは1クール(1療程)のことで、服用量、服用回数は東洋医学の理論を取り入れ、生活習慣によるバイオリズムと病症や症状によって処方されております。

従って、製品化された天仙液は、こうした根拠を基に病症や症状により服用量、服用回数の目安が決められており、1セットが1ヵ月分、2ヵ月分、4ヵ月分に相当する場合もあります。下記を参考になさって下さい。


服用量の目安
「天仙液」の服用量は、がんの症状、服用目的に応じて異なっていますので、下記の目安をご参照ください。
(共同開発者・王振国医師のアドバイスによるものです。)
1セットとは最多服用量の1ヵ月分に相当します。
1セット 天仙液 20cc×60本
強効型 20cc×60本
下記の費用の目安は「天仙液」(1セット 133,000円)によるものです。
@ 予防でご服用になる方(費用の目安は1ヵ月分 66,000円となります)
服用量:1日1本(20cc)
服用時間:夜9時
A 再発防止でご服用になる方
服用量:1日1〜2本(20cc〜40cc)
服用時間:朝9時、夜9時
B 初期・中期でご服用になる方
服用量:1日1〜3本(20cc〜60cc)
服用時間:朝9時、午後3時、夜9時
C 中期・末期でご服用になる方
服用量:1日2〜4本(40cc〜80cc)
服用時間:朝9時、午後3時、夜9時に2本
 


服用時間の目安
病状の軽い方(初期〜中期)
標準的な服用量 20〜40cc/日
第1週目 夜9時に1本(20cc)を目安にお飲みください。
第2週目以降 朝9時と夜9時に各1本ずつ、合計1日40ccを目安にお飲みください。

病状の重い方(中期〜末期)
標準的な服用量 40〜60cc/日
第1週目 朝9時と夜9時に各1本(20cc)ずつ、合計1日40ccを目安にお飲みください。
第2週目以降 朝9時と午後3時及び夜9時に各1本(20cc)ずつ、合計1日60ccを目安にお飲みください。
増量時 朝9時と午後3時及び夜9時、就寝前に各1本(20cc)ずつ、合計1日80ccを目安にお飲みください。


「天仙系列製品の紹介」、「製品価格」、「製品の入手方法(指定個人輸入代行会社)」などがわかりやすく書かれた資料(無料)をお求めの方はこちらから

↑PAGE TOP
弊社では各国の法律に則った活動を心掛けております。 Copyright © 2005 FEIDA All Rights Reserved.