天仙液世界総販売元オフィシャルサイト(日本版)  
中日飛達聯合有限公司


天仙液についてのお問合せ・ご相談はこちら
文字の大きさ 小 大

天仙液を知る
天仙液とは
天仙液の入手方法
天仙液とガン治療
各国の利用状況
安全性と品質管理

製品のご紹介
製品紹介
成分・作用
試験データ
資料請求
類似品について




運営協会について
会社概要
お問合せ先

当サイトご利用について

弊社からのお知らせ
※「天仙液」は、現時点では日本の「医薬品」としての許認可は、まだ受けておりません。
当社は世界各国の法律に則って供給を行っております。なお、日本においては日本国の厚生労働省のガイドライン(法律)に従って安全供給しておりますのでご安心下さい。
天仙液の
指定個人輸入代行会社
日本での入手方法につきましては、お気軽に相談窓口へお問合せ下さい。
▼天仙液についての
お問合せ・ご相談はこちら


中日飛達聯合有限公司(香港本社)
日本人スタッフ常駐

852-2368-1943
※国際電話の有料となりますので予めご了承下さい。







製品のご紹介



●王振国(おうしんこく)先生のプロフィール

1954年、中国吉林省通化市生まれ。
1975年、吉林省通化市衛生学校卒業。
1983年、漢方複合薬の「天仙丸」を研究開発、1988年、中国政府より「がん治療薬」として認定を受ける。その後、より作用の高い「天仙液」を共同開発。その中西医結合・沖撃療法=大量投与療法で世界の注目を集めている。世界個人研究最高発明賞、ベルギー王国栄誉勲章の受賞など、世界各国で高い評価。研究論文も多数を発表。
中国国家衛生部医学研究員、吉林省長白山薬物研究所所長、中国抗癌基金協会協調部副主任、国際癌病康復協会会長。
●帯津良一(おびつりょういち)先生のプロフィール

1936年、埼玉県生まれ。
東京大学医学部卒、医学博士。東京大学第三外科、都立駒込病院外科医長を経て、1982年に帯津三敬病院、続いて2005年には帯津三敬塾クリニックを設立。ホリスティックなアプローチによるがん治療の草分け。西洋医学はもちろん、さまざまな治療法を実践。ホメオパシー、気功、漢方薬、鍼灸、食事療法、心理療法、健康補助食品などの代替医学を積極的に取り入れている。
日本ホリスティック医学協会会長、世界医学気功学会副主席、上海中医薬大学客員教授、調和道協会会長などとして世界的に活躍中。
   
■帯津先生が中国・珠海の研究所・病院に王先生を訪問

日本ホリスティック医学協会会長で、長年、がん治療に積極的に漢方療法などを取り入れている帯津三敬病院名誉医院・医学博士の帯津良一先生が、抗がん漢方薬「天仙液」生みの親である王振国先生を、中国・広東省珠海市にある振国腫瘍康復医院を訪問しました。


■帯津先生が日本で「天仙丸」を初めて紹介

以前、帯津先生が著書『健康革命』(1989年 現代書林刊)で、王先生が開発し、中国政府から抗がん漢方薬として初めて認可された「天仙液」の前身である「天仙丸」が紹介されました。帯津先生の患者さんの中にも、天仙丸の情報をキャッチして、中国から入手して服用している人がいました。


■「天仙液」はこうして生まれた

ところが、帯津先生の本の中で、「漢方薬は強すぎて胃壁を痛める事があるから、液体のアンプルの方が飲みやすいのではないか?」と書かれたことが王先生のヒントとなり香港の製薬会社と共同で、液体のアンプル入り「天仙液」(中国1号天仙液)が完成したのです。その製薬会社が現在の「天仙液」世界総販売会社である中日飛逹聯合有限公司です。現在では「天仙液」はオーストラリア、タイでは医薬品として認可されています。日本では未認可ですが、世界18カ国に輸出され、約300万人の患者さんが服用しています。


■18年前の出会いから親交を深める

 帯津先生と王先生の出会いは18年前に逆昇ります。(2009年現在)王先生が「天仙丸」を開発した当初、帯津先生は漢方の研究のために、度々、中国を訪れていました。北京でのがん学会とか、上海での鍼灸や気功の学会などにも出席し、勉強をしていたのです。親しくなった北京腫瘍研究所の李岩先生の紹介で天津医科大学の李徳華先生が、川越市の帯津先生の病院を訪ねてきました。そこで「天仙丸」の試験データなどを見せてもらったところ、非常に成績が良く、帯津先生の友人である北京の広安門病院の朴炳奎医師も使っているとのことで、帯津先生は信頼したといいます。それで著書の中で紹介すると同時に、研究開発をした王先生に会いたいと頼んで、中朝国境の長白山の近くの吉林省通化市にある王先生の研究所で初めて出会ったのです。その後、天仙丸を天仙液に改良した後、王先生は二度ほど日本の帯津先生の病院を訪ねています。


■西洋医学の限界を乗り越えるがん治療とは……

 そして2007年の9月、帯津先生が王先生を訪ねました。王先生は北京、上海、珠海、済南、通化などにがん治療専門の病院をもっています。今回は広東省珠海市の振国腫瘍康復医院を訪ね、ホリスティック医療、中西結合医療を実践されているお二人が、「患者のためのがん治療とはなにか」「漢方はどこまでがんを治せるか」といったテーマをもとに、「本当に患者が納得できる治療」「患者のためのがん治療革命」などについて語っていただきました。








「天仙系列製品の紹介」、「製品価格」、「製品の入手方法(指定個人輸入代行会社)」などがわかりやすく書かれた資料(無料)をお求めの方はこちらから

↑PAGE TOP
弊社では各国の法律に則った活動を心掛けております。 Copyright © 2005 FEIDA All Rights Reserved.